箏曲「令和薫風」 <  ホーム

視聴

公益社団法人 日本舞踊協会 東京支部が新元号を記念し企画製作。

箏曲「令和薫風」


歌詞は、新元号令和の典拠となった、大伴旅人が詠んだといわれる万菓集「梅花の歌」の序文にある


「初春の令月にして気淑く風和らぎ梅は鏡前の粉を披き蘭は珮後の香を薫す」

から引用しました。伝統音楽に見られる、松、竹、梅、獅子、鶴、亀などを歌い寿ぎます。
演奏は唄、箏、三味線、鳴物で編成されており、「三番叟」「獅子」「音頭」「鶴亀の祝いの舞」と曲調の変化に富んだ御祝儀物です。


演奏

唄・箏
萩岡松韻
今藤政子 / 萩岡松桐 / 萩岡由子
山登松和 / 上原真佐輝 / 佐々木千香能
三味線
今藤長龍郎 / 今藤政十郎
福原徹
小鼓
堅田喜三久
大鼓
堅田新十郎
太鼓
住田福十郎

協会の各支部・ブロックの活動内容はこちら

日本舞踊協会からのお知らせをメール会員に配信します!

寄附のお願い

公益社団法人 日本舞踊協会
〒104-0054東京都中央区勝どき2-18-1
レイメイスカイレジテル210
Tel: 03-3533-6455 Fax: 03-3533-8768

お問い合わせはこちら